納得のいかないような

飲食業界から出て異業種の仕事をみつけるのはとても大変です。飲食業界は過酷で、納得のいかないような労働条件ではたらき方をせざるを得ないということが多くあり、このままで大丈夫なのかと感じ、飲食業以外で仕事を捜すという事も稀ではないようです。寝込むようなこ 続きを読む

ミュゼのような脱毛サロンに通っても狩猟するまで1、2年はかかる

脚のムダ毛を脱毛専門のサロンではなく、自分のみで綺麗に処理するのは大変でしょう。

普段はあまり意識しませんが、脚は所どころカーブしてますし、手が届きにくいところもありますので、自分でやる処理だけでムダな毛が少しもないツルツルの姿にするのは手間と時間がかかるでしょう。

脱毛用のサロンを訪れると、剃り残した無駄毛がまばらに残ったままなんてことにもならないでしょうし、皮膚がダメージを負うことも少なくなるはずです。脱毛サロンにはトータルどれくらいの期間通えばいいのでしょうか。答えは大体1年から2年はかかるようです。
続きを読む

テクスチャー

そのため、肌には栄養が行き渡りません。寝ると、血液はからだの各所に流れはじめ、最近の乳液は、みずみずしいテクスチャーのものが多く、スッと肌になじんでいきます。肌への摩擦は、角層を傷つけるので絶対にNGです。すりこんだりしてつけることです。手のひらに適 続きを読む

誕生日を気に始めたいこと

先月に50歳の誕生日を迎えてしまいました。

子供たちや夫に祝福されたのですが、女にとってそれはもはや地獄の入り口というか、全くうれしくないイベントになっているんですけどね。

更年期の年代なんですが、エストロゲンとかが減ってきて、さらには保湿成分であるコラーゲンとかもどんどんなくなっていきます。

それが乾燥につながり、ひいてはシワやたるみ、シミの原因になってくるんですよねぇ。

わかっていてもその老化に対して抗いたい気持ちがふつふつと湧いてきてしまいます。

50歳からの美容セミナーに参加しようと思っていますが、そこでは正しいスキンケアを教えてくれるらしいのですが、たぶん50歳になると若いころより手順や工程が増えて面倒なんでしょうね。

でもいつまでも綺麗な肌でいたいという女の本能が手抜きを許さないので頑張って覚えてきます。

紫外線も今はマスクみたいな、傍から見たらだれかわからない仮面ライダーのようなサンバイザーをつけていますが、それは結構恥ずかしいんですよね。

50代の化粧水選び

季節のトラブルに注意していかないといけない

春先は段々と暖かくなって気持ちよいシーズンですが、肌トラブルの多い時期でもありますよね。

特に花粉症の人にとっては憂鬱な時期です。

寒暖の差が激しく、空気が乾燥していることもそうですが、紫外線も強くなるので、どうしてもお肌には負担が大きくなってしまいます。

乾燥した空気に長時間あたっていると、小じわができやすくなりますし、うっかり紫外線ケアをしないで外出してしまうと肌を傷めてしまう原因になってしまいます。

新年度が始まる春はガラッと身の回りの環境が変わる時期でもあるので、ストレスも高くなりやすいです。

この時期は特に、心身のバランスを整えるために、バランスの取れた食生活や適度な運動をして、ストレスを溜めないようにしたいですね。

お肌にも十分な保湿とUVケアをしてあげてくださいね。

特に女性はホルモンバランスが乱れると肌荒れを起こしやすく、それによって心の健康まで失ってしまいやすいです。

身体の中から健康になって、春の憂鬱から解放されたいものですね。

たるみ専用美容液はこちら

いつの間にか40歳を過ぎたしいつもの暮らしを振り返って脱毛についての対策!

日頃の食事がかなり偏っていることが気にかかってます。グダグダした暮らしのせいでファーストフードを食べることが多いのです…身体のことを思えば良いわけないのは知っているのですが、疲れて帰ると簡単なやり方についつい逃げてしまってます。
続きを読む