小口融資とはいったい何?

金融機関でお金を借りる時、融資を受けるといいます。このお金を借りる金額によって、小口融資と大口融資とに分けることが出来ます。故人で融資を受ける場合には、おおよそ300万円以下の金額は小口融資と考えることができます。

300万円というとかなりの大金というイメージがありますが、金融機関側からみると決して大きな金額ではないということです。300万円の融資も、個人ではなく事業資金として融資をする場合には、1,000万円以下は小口融資と言われることもあります。事業資金の融資の場合には、数億円単位の融資というものも実際にありますので、それに比べると1,000万円以下の融資は少額融資に含まれるということになるためです。ちなみに、この小口融資の金額までであれば、多くの金融機関は融資審査が比較的短時間で済むことが多くなりますが、小口融資の金額を超えると、審査も非常に厳しいものになってきます。

個人への融資だと、小口融資となるカードローンの審査に比べると住宅ローンなどの審査が厳しくなるというのと同じような雰囲気だと考えると分かりやすいですよね。また小口融資の場合には、担保が不要になる事も多くなっていますので、この辺りの違いで自分が受ける融資が小口融資なのかどうかを判断することが出来ます。