本を買うことに抵抗がある理由

何か本を読もうかと思うのですが、私は本や漫画を買うことに抵抗があります。特別高いわけではありませんけど、でもあれって一度読んだら内容を覚えてしまうので、その後また読むことはありません。つまり私にとっては使い捨て、だからもったいないと思ってしまうのです。だったら図書館で借りればという話ですが、私は車を持っていないため図書館までが遠いです。また、隙間時間に読むようなので借りていると返却期限はすぐ来ます。だから今は家族が持っていた本を借りて読んでいるのですが、やはり趣味が合いません。この前は司馬遼太郎の本を読んだのですが、伏線というはもはやフラグがたくさん立っていて、最終回の一部が予想できてしまいました。あっと驚く展開でなく、この道具を使うぞ?使うぞ?と言われているようでなんだかとても簡単な読み物だなと思いました。読んでみなければ面白いかどうか、自分に合うかどうかわからないので最後まで読みましたが、私にはハマりませんでした。

詳細は次のページ